【七つの大罪】264話ネタバレ!エスタロッサがメリオダスになる!?




七つの大罪264話のネタバレになります。

圧倒的な強さを見せるタルミエルとサリエル。

このままエスタロッサは倒されてしまうのか!?と思いきや、264話ではエスタロッサの反撃が始まります。

しかもエスタロッサの強さがエグいです。

スポンサーリンク

エンリルの天罰

恩寵を解放したタルミエルとサリエルは、”エンリルの天罰”でエスタロッサを分子レベルに分解します。

七つの大罪264話

 

このままエスタロッサ消滅かと思われましたが、ここでエスタロッサが口にした言葉。

 

「ジカイ」

 

「ジカイ」は回収した戒禁を取り込むための呪文で、エスタロッサが現在所持している戒禁は自らの「慈愛」、ガランの「真実」、そしてモンスピートの「沈黙」です。

エスタロッサは「ジカイ」でガランの「真実」の戒禁を取り込みます。

七つの大罪264話

 

タルミエルとサリエルは、エスタロッサが消滅したと思いこの場を去ります。

 

モンスピートとデリエリの想い

辺りが静かになり、大きな反応が一つ消えたことに気づく一同。

兵士達はどちらが勝ったのかも気になりますが、この場に現れた十戒デリエリをどう対処したらいいのか困惑します。

 

そのデリエリはエリザベスに問います。

自分を庇って死んだモンスピートが、自分にずっと隠していた言葉がなんなのか。

その問いは、自分にはわからないとエリザベス。

 

デリエリは、無茶な戦い方ばかりする自分の背中を、いつも黙って護り続けてくれたのがモンスピートだったと説明します。

それなのにモンスピートに何一つしてやれなかったことを悔います。

 

モンスピートが隠していた言葉はわからないが、今のデリエリの気持ちは理解できるとエリザベス。

自分もずっとメリオダスに護られ続けてきたとエリザベスは言います。

メリオダスがどれほど自分のために血と涙を流し続けてきたかも気付かず。

 

そんなメリオダスが自分を救うため全てを犠牲にしようとしている。

自分はメリオダスの気持ちに報いるため、自分にできる精一杯のことをするとデリエリに話すエリザベス。

そして大切なのは、モンスピートがデリエリをどう思っていたかよりも、デリエリがモンスピートをどう”想う”かだと伝えます。

 

歪み捻れ壊れたエスタロッサ

タルミエルとサリエルが戻ってきたことに兵士達は盛り上がります。

「エスタロッサは今頃塵になっている」と言うサリエルですが、後ろにはエスタロッサの姿が。

七つの大罪264話

 

264話のタイトルは”歪み捻れ壊れる男”ですが、まさに今のエスタロッサといった感じです。

 

空間から脱出するには、自分達と同等の力を持たなければ不可能なはずとサリエル。

死にかけだったエスタロッサが完全に回復していることにタルミエルも驚きます。

 

ホークが今のエスタロッサの闘級を測定したところ8万8000。

ゴウセルも「歪められた精神がさらに捻れてしまった」と表現します。

 

歪んで捻れたって相当ですよね。

さらに”壊れる”まで追加された男の顔がこちらです。

七つの大罪264話

 

めちゃくちゃ不気味です。

スポンサーリンク

エスタロッサがメリオダスに!?

エスタロッサはタルミエルに抱きつきます。

タルミエルの体を闇で包み液体化ができないようにします。

そして液体化できないタルミエルを殴り、空中から地面に叩きつけられたタルミエル。

七つの大罪264話

 

さらにエスタロッサはサリエルにも抱きつこうとしますが、竜巻で抱きつこうとするエスタロッサの体を切り刻みます。

が、体が切り刻まれようが強引にサリエルに抱きつくエスタロッサ。

七つの大罪264話

 

抱きつかれたサリエルは”劈く鎌風”でエスタロッサの体を両断します。

七つの大罪264話

 

エスタロッサに抱きつかれて全身の骨が砕けたサリエル。

エスタロッサの異常なパワーアップが信じられない様子。

 

やられたと思われたタルミエルも”穿つ水柱”でエスタロッサに攻撃します。

七つの大罪264話

 

頭と手足がバラバラにちぎれた状態のエスタロッサですが

エスタロッサ

「さ・・・最高♡」

「<四大天使>半端ねぇ〜」

引用:七つの大罪264話

 

まだ生きてることにも驚きですが、発言が気持ち悪いw

 

また回復するエスタロッサに、デリエリはエスタロッサがガランの戒禁「真実」を取り込んでいることを皆に伝えます。

自分の戒禁の他にもう一つ取り込むことが可能なのかと驚くタルミエルとサリエルですが、二つでも足りないとエスタロッサは言います。

さらにタルミエルとサリエルに勝てないようでは、兄メリオダスにも到底勝てないと。

そして「ジカイ」でモンスピートの戒禁「沈黙」を取り込みます。

 

禍々しい魔力が現れ、全員に退却命令をだすハウザー。

「こんなことが・・・」と信じられない様子のタルミエルとサリエルですが、その直後にエスタロッサの攻撃で体に穴が。

七つの大罪264話

 

そして自らをメリオダスと名乗るエスタロッサ。

七つの大罪264話

 

まとめ

三つの戒禁を取り込んだことで異常なほどパワーアップしたエスタロッサ。

なぜメリオダスを名乗ったのかが気になるところです。

 

モンスピートはエスタロッサに

「自身の戒禁以外を取り込めば破滅は免れない」

と話していました。

 

これは間違いなく破滅へのカウントダウンのような感じですが、それにしても今の強さは尋常ではないですね。

すでに自分を制御できていないといった雰囲気もあります。

 

メリオダスを名乗るエスタロッサを誰が止めることができるのか?

今後の展開に期待です!!

 

七つの大罪265話のネタバレはこちらです。

>【七つの大罪】265話ネタバレ!エスタロッサとエリザベスの関係は?

スポンサーリンク

関連記事