【七つの大罪】265話ネタバレ!エスタロッサとエリザベスの関係は?




七つの大罪265話のネタバレになります。

前回、恩寵を解放したタルミエルとサリエルの”エンリルの天罰”で、分子レベルに分解されたエスタロッサ。

しかし、エスタロッサも三つの戒禁を取り込んだことで、驚異的な強さを見せます。

強さと引き換えに、歪められた精神がさらに捻れてしまったエスタロッサは、自分のことをメリオダスと名乗りました。

265話ではなぜエスタロッサがメリオダスを名乗ったのかが判明します。

そしてエスタロッサとエリザベスの関係にも迫ります。

スポンサーリンク

エリザベスが好きだったエスタロッサ

七つの大罪265話はエスタロッサの回想シーンから始まります。

虫一匹殺せなかった頃のエスタロッサに、エリザベスが優しく話しかけます。

七つの大罪265話

 

エリザベスは犬と一緒にいます。

怪我をして動けなくなっていたのをエリザベスが助けたようです。

この光景とこの犬に見覚えがあるエスタロッサですが、犬の名前を思い出せません。

 

強くなりたいと思っているエスタロッサに、エリザベスは「今のままでいい」と伝えますが、自分が強くなって女神族と魔神族の争いを終わらせると話すエスタロッサ。

さらに「そしていつか・・・」と呟きます。

 

女神族と魔神族の争いを終わらせるなんて、今のエスタロッサとは別人のようですね。

この後、エスタロッサは自分がエリザベスがずっと好きだったことを思い出します。

 

メリオダスになりたかったエスタロッサ

苦戦しながらも女神族を倒すエスタロッサに、メリオダスは「さすがは俺の弟」と声をかけます。

自分もいつか兄さんのようになれるかとメリオダスに尋ねるエスタロッサ。

「俺が保証する」と答えるメリオダス。

七つの大罪265話

 

その後も戦いを繰り返し強くなっていくエスタロッサですが、ある日メリオダスとエリザベスが抱き合っているところを目撃します。

この時、エスタロッサは自分は兄貴(メリオダス)になりたかったと自覚します。

 

そして回想は終わり自分のことをメリオダスと名乗るエスタロッサ。

 

エスタロッサを思い出せないエリザベス

エスタロッサはエリザベスを見つけ、自分に会いに来てくれたのか?と話しかけ、俺もお前に会いたかったと言います。

メリオダスを意識してるのか、メリオダスになりきってるのか、ニパッと笑顔を見せるエスタロッサですが

七つの大罪265話

 

正直、顔が汚ねぇw

無精髭が爽やかさを完全に消してます。

 

エリザベスはエスタロッサのことを”知っている”と認識しますが、何も思い出せないことに疑問を抱きます。

スポンサーリンク

自分の戒禁以外を取り込めば破滅

エスタロッサはデリエリを発見し、自分がデリエリの戒禁を奪いに来たことを思い出します。

戒禁を全部取り込んで兄貴を越えれば自分がメリオダスだとエスタロッサ。

今のエスタロッサの姿に「ぶっ壊れたな」とデリエリは言います。

 

デリエリはモンスピートが話していたことを皆に伝えます。

メリオダスかゼルドリス以外が自分の戒禁以外を取り込めば破滅すると。

自分とモンスピートとガランの三つの戒禁取り込んだエスタロッサ。

七つの大罪265話

 

確かに壊れてますw

 

エリザベスと行きたい場所

戒禁をよこせとデリエリに近づこうとするエスタロッサですが、すぐにターゲットをエリザベスに変更します。

自分を庇うように目の前にいるギーラへ「戦ってはダメ」とエリザベスは言いますが、エスタロッサの圧力に耐えられず攻撃をするギーラ。

七つの大罪265話

 

ディアンヌはギーらに攻撃を止めるよう伝え、エリザベスとギーラの前に巨大な土の壁”金剛の盾”を出現させます。

さらにキングが「霊槍」でエスタロッサを攻撃しますが、攻撃の軌道を逸らしたのかキングの攻撃はデリエリにヒットします。

 

さらにエスタロッサは、ディアンヌが出した”金剛の盾”を切断し、盾の後ろにいたギーラも負傷します。

エリザベスの前に現れたエスタロッサですが、ここでタルミエルとサリエルが現れエスタロッサを切り裂きます。が、返り討ちにあうタルミエルとサリエル。

七つの大罪265話

 

265話では自分への攻撃を全てフルカウンターのように跳ね返すエスタロッサ。

フルカウンターは元々エスタロッサの魔力ですが、こんなに上半身がキュルキュル回ってたかな?

七つの大罪265話

 

戒禁を取り込んだことで新しい魔力を習得したのでしょうか。

 

もっと静かな場所に行くか、ここを静かにするかとエスタロッサはエリザベスに言います。

ディアンヌとキングはエスタロッサに攻撃しようとしますが、二人を止めるエリザベス。

エリザベスはエスタロッサの言う通りにするのでこれ以上誰も傷つけないで欲しいと言います。

 

お前と行きたい場所があるとエリザベスに話すエスタロッサ。

エリザベスは自分は平気なのでデリエリを護って欲しいと皆に伝えます。

そしてエスタロッサにさらわれるような形で上空へ飛び立ちます。

七つの大罪265話

 

まとめ

エスタロッサに戒禁を揃えさせないため自らが犠牲となったエリザベス。

相変わらず健気な姿を見せてくれます。

 

それにしても、前髪パッツンのエリザベスがどんどん可愛くなっていく。

最後の嫌そうな顔とかめちゃくちゃ可愛いんですけど!

 

なんとなくエスタロッサの歪み捻れ壊れる気持ちがわかりました。

エスタロッサはエリザベスを見て歪み捻れ壊れたわけではないですけどねw

 

七つの大罪266話のネタバレはこちらです。

>【七つの大罪】266話ネタバレ!エスタロッサが暴走!?

スポンサーリンク

関連記事