【ヒロアカ】151話ネタバレ!エリは治崎(オーバーホール)の娘ではなかった




ヒロアカ151話のネタバレになります。

治崎と対峙したミリオはエリを奪還することに成功します。しかしそのまま無事に帰してくれるはずもなく、治崎 vs ミリオの戦いが始まります。

この場所へは他のヒーロー達も駆けつけている状況で、このままミリオが治崎を倒してしまう感じはしないのですが、どうなんでしょうね。

意外とミリオが倒してしまうのか、それとも間一髪でデク達が到着するのか。

そして今回の151話でエリが治崎(オーバーホール)の娘ではないことが判明します。なんとなく安心しましたw

スポンサーリンク

治崎(オーバーホール)に子供はいない

極度の潔癖症な治崎は、ミリオに触れられたことで蕁麻疹が出ます。

 

そして体を拭きながらエリに戻ってこいと言います。エリは「やっぱり戻る」と言いそうになりますが、治崎の話を聞かなくていいとミリオ。

 

治崎は続けます。

エリのわがままで自分が手を汚すことになる。それはエリの行動一つで人が死ぬということであり、そんなエリは呪われた存在だと。

自分の子供になぜそんなことが言えるのだと叫ぶミリオに、治崎は自分には子供はいないと「分解と修復」の個性で床を分解します。

 

そしてすぐさまトゲ状に修復しミリオを攻撃します。

 

驚異的な修復速度で攻撃してくる治崎。

自分自身は透過できてもエリを透過させることはできないミリオは、ギリギリのところでエリを守ります。

エリごとミリオを攻撃する治崎は、原型を留めていなくてもすぐに修復できるので支障ないと言います。そしてエリはそのことを身を以て知っていると話す治崎に怒るミリオ。

 

この状況でエリを治せるのは自分しかいないと治崎。エリを抱えたままでは逃げられないミリオ。しかも治崎の攻撃で逃げ道は塞がれています。

 

若頭補佐「玄野」

エリ奪還の際にミリオの攻撃を受けた若頭補佐の玄野が起き上がります。

そして個性破壊の弾丸でミリオを狙います。

 

ミリオの個性の使い方に、あんな精密な使い方をするとは思わなかった。相当鍛えてきたのだろうと評しながら狙いを定めます。治崎もミリオの周りにあるトゲを破壊し弾道の邪魔になる遮蔽物を消します。

 

ミリオは自分を狙っている男の顔は見えないが、役割的には若頭補佐の玄野で間違いないと確信します。そしてリストに載っていた玄野の個性だけは喰らうわけにはいかないと警戒します。

さらにミリオは治崎達の次の行動を予測します。

自分のことを「面倒な個性」と言ったことから、個性破壊の弾丸での攻撃がくると予測しトゲでの攻撃はないと。

羽織っているマントで自分の体とエリを覆い隠し弾丸の狙いを狂わせます。

 

「ヒーローのマントってかっこつけだと思ってやした」

 

感心する玄野。

なんかマイペースなキャラですw

スポンサーリンク

ヒーローがマントを羽織る理由

ミリオは透過の能力を使い床から玄野を攻撃します。

 

ミリオの攻撃で吹き飛ぶ玄野。

 

「すいやせんオーバーホール!」

 

本気で「すみません」と思ってる感じがしないのは私だけでしょうかw

 

ミリオの強さを認めた治崎は、エリを狙いますが治崎の行動を読んでいたミリオ。

 

そしてミリオはヒーローがマントを羽織る理由は、痛くて辛くて苦しんでいる女の子を包んであげるためだと叫びます。

 

銃を取りに走る玄野ですが、それも阻止するミリオ。

ミリオは治崎のことを一介のヤクザとは思えない強さと認めながらも、自分の方が強いと言い切ります。

 

その姿にエリはミリオが言った「俺が君のヒーローになる」という言葉を思い出します。

 

「治崎」の名を捨てた

ミリオの攻撃を受けながら、八斎會の組長に拾われた日のことを思い出す治崎。

 

組長に名前を聞かれた際に答えた名前

 

治崎廻(ちざきかい)

 

「お前の負けだ、治崎!!」

と叫ぶミリオに、治崎は「気安く呼ぶな、その名前は捨てた」と言います。

 

治崎の回想シーンは続きます。

他の組が解体させられていく現状に、このままでは八斎会も解体になる。

以前話した革新の計画を少しは考えてくれないかと組長に話す治崎ですが、人の道から逸れたら侠客は終わりだと答える組長。そして心のない外道に人はついてこないと治崎に伝えます。

 

場面はミリオにやられた音本。

這いずりながら治崎の元へ向かう音本は、治崎との出会いを回想します。

強制的に相手の本心を聞き出せる個性を持っている音本は、これまで多くの嘘を見てきました。さらに嘘を問いただすと自分を恐れて皆離れていったと。

信頼できる友が欲っかた音本は、治崎から言われた「仲間になってくれ」「お前がいてくれると心強い」の言葉を思い出します。

そしてその言葉を頼りに治崎の元へ向かいます。

 

音本の存在に気づいた治崎は、個性破壊の弾丸を投げ渡します。

 

治崎は音本に打つよう命じ、狙いを定める音本。

 

まとめ

治崎の本心はなんなんでしょうね?

エリに対しての態度と八斎衆への態度が全然違いますよね。

音本は本心を聞き出すことができるので、治崎の言葉に嘘はないのでしょうが。自分の計画のために純粋に音本の存在が必要だった。純粋な悪みたいな感じ?

 

ヒロアカの敵側って単純な悪ってあまりいないですよね。

ステインなんかも音本が本心を聞き出しても、間違いなくあのままですよね。自分の信念に純粋というか。ただ、その方向だったり歩き方が間違ってるって話ですよね。

治崎も同じようなタイプなのでしょうか。

 

ヒーロー側の話をすると、絶体絶命な感じになったミリオですが、次回は弾丸がミリオに当たって透過ができなくなり、治崎の個性で破壊されそうな瞬間、これですか!!

 

 

 

 

何度見てもしびれるw

 

それにしてもミリオはやはり強かったですね。さすがNo.1ヒーローに最も近いと言われるだけあります。

このまま個性破壊の弾丸を受けてしまうのか、それとも全く別の展開が待っているのか。

そしてイレイザーヘッドのあの眼光は見られるのか!?

個人的にはあの眼光が一番見たいw

スポンサーリンク

関連記事



2 件のコメント

  • 見ててずっと思ってたんですけど
    個性消すって言っても弾丸なら透過すれば貫通してって食らわないんじゃ…