【ヒロアカ】181話ネタバレ!文化祭の中止は免れた!




ヒロアカ181話のネタバレになります。

181話では自首をすると言い出したジェントルの想いが描かれているのですが、ジェントルの想いや行動を見ると、この二人にはまた登場してほしいとの思いが強くなりました。

スポンサーリンク

総員警戒態勢

買い出しに出た生徒が戻っていないとの報告を受けるエクトプラズム。

ヒロアカ181話

 

さらにエクトプラズムはハウンドドッグからの報告も受けます。

迷子か、怪我人か、愚者かを確認する為、エクトプラズムの「分身」を4、5人借りるとハウンドドッグ。

 

エクトプラズムは総員緊急態勢と言い、敵意を確認でき次第、文化祭中止と生徒避難を通達すると。

 

ハウンドドッグはジェントルに傷とえぐれた地面のことを聞きますが、つまずき転倒したと答えるジェントル。

匂いでもう一人の存在を確認しているハウンドドッグは、雄英の生徒がいたはずだとジェントルに問い詰めます。

 

先程までこの場にいたデクは、ジェントルに「そのまま失せろ」と飛ばされました。

デクは、今ならジェントルがやらんとしていることが何となくわかると言い、現場に走って戻ります。

 

“誰が為”想える心

これまで自分のために生きてきたジェントルは、最後がデクでよかったと言います。

想いを懸けて戦い、削がれて残った自分の底に”誰が為”想える心があったと。

ヒロアカ181話

 

多くの罪を犯してきたが、最大の罪は世間知らずの女性を勾引かし、洗脳していたことだとジェントルはハウンドドッグに伝えます。

だから相葉愛美(ラブラバ)に恩赦をと。

 

ジェントルが自分を庇っていることを理解するラブラバ。

自分がジェントルを大好きなのを知ってて、自分がジェントルを困らせたくないのを知ってて庇うジェントルに、涙を流すラブラバ。

 

現場に到着したデク。

ハウンドドッグはデクに「戦ったのか」と聞きます。

雄英にイタズラしようとしているのがわかったので少し揉めたとデクは答えますが、「もう大丈夫」と伝えます。

 

ここでスナイプから状況確認の無線が入ります。

ハウンドドッグは、傍迷惑な動画投稿者の出頭希望、現時点で緊急性はないと伝えます。

 

警察署へ連行されるジェントルは、最後にデクに言います。

自分もかつてはヒーロー科にいた。

ジェントル・クリミナルはヒーロー落伍の成れの果て。

とても言えた義理ではないが、君の想い届くといいなと。

スポンサーリンク

デクの想い

デクはここで現在の時間を知り、急いで買い出しの品を取りに戻ります。

無事学校に戻ったデク。

予定通り10時から1-Aの出し物が始まります。

客席にはエリの姿も。

 

デクはジェントルのことを「戦い辛い人」と回想します。

なぜ戦い辛い人なのか?

それは、自分もそうなってたかもしれないからと。

 

自分もジェントルも似た想いを持っていた。

ジェントルはラブラバの為を想った、自分は「君の笑顔を見たかった」とデク。

ヒロアカ181話

 

まとめ

ジェントルとの戦いが終了しました。

デクがジェントルのことを「戦い辛い人」と表現しましたが、すごくわかる気がしました。

さらにジェントルとラブラバはキャラ的にいい感じだったので、そういった意味でも見ていて素直にデクを応援できないというか、何というか。

是非また登場してほしいと思わせる二人でした。

 

ヒロアカ182話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】182話ネタバレ!エリが笑った!

スポンサーリンク

関連記事