【進撃の巨人】103話ネタバレ!アルミン登場で超大型巨人になる!




進撃の巨人103話のネタバレになります。

前回からいよいよ始まったパラディ島勢力 vs マーレの巨人。

103話ではパラディ島勢力の成長した姿を見ることができます。

とにかくかっこいい!!

みんなかっこいい!!

だけどやっぱりアッカーマンの二人がかっこいい!!

なんだか”アッカーマン”という名前だけでかっこよく思えてきましたw

スポンサーリンク

ライナーには生きる意思がない?

死んだと思われたファルコですが103話で登場します。

どうやらエレンが巨人化しようとした瞬間、ライナーも巨人化しファルコを手の中で守っていました。

 

外ではパラディ島勢力とマーレの巨人達が戦っています。

ファルコは巨人化したエレンを見ながら、よくも騙したなと怒りをあらわにします。

ファルコはライナーを発見しますが、地中で動けない状態で気を失っています。

 

ライナーに生きる強い意志があれば、巨人の力で損傷した体は勝手に修復されるまずとファルコは考えますが、先程、エレンの前で自分を殺してくれと懺悔するライナーを思い出すファルコ。

気を失っているライナーに、外にいるのは敵ばかりではないとファルコは話しかけます。

自分もガビも、みんなライナーの味方だと声をかけ、助けを呼びにその場を後にします。

 

立体機動 vs 巨人

細かくした瓦礫をパラディ島勢力へ投げつける獣の巨人。

体がでかいので手に持っている瓦礫の量が半端ないです。

戦車に機関銃の性能がプラスされたような感じですw

 

立体機動装置を使って獣の巨人の”うなじ”を狙う者もいますが、ピークの背中にいるパンツァー隊に狙い撃ちにされます。

獣の巨人の背後は自分達が守るとピーク。

しかし、そんなピークを真上から襲撃する者も現れます。

進撃の巨人103話

 

真上には砲撃できないパンツァー隊の死角を見事につきましたが、間一髪ポルコがピークを助けます。

進撃の巨人103話

 

ポルコにお礼を述べるピークですが、追っていたアッカーマンを見失ったから気をつけろとポルコは言います。

ここでいうアッカーマンとはリヴァイのことですね。

 

次から次へと展開が早いので読んでて相当興奮します!!

 

戦鎚の巨人の水晶体

動きを封じらているエレンは、手に持った戦鎚の巨人の本体を食べようとしますが、アニと同じ水晶体に守られているため食べることができません。

 

この水晶体には歯が立たないとエレン。

このことからアニがまだ水晶体にいる可能性が高いですね。

アニが水晶体の中に入り3年以上が経過しましたが、この水晶体を攻略する方法はまだ見つかっていないようです。

 

エレンの動きを封じた戦鎚の巨人ですが、本体であるエレンごと”うなじ”を貫かないことから、戦鎚の巨人は力を使い果たしたと判断するエレン。

自分にはまだ余力があると、自ら”うなじ”から飛び出し再び巨人化します。

進撃の巨人103話

 

ん?エレン三回目の巨人化?この短時間で?

なんかエレンの体力がすごいですw

スポンサーリンク

リヴァイ vs ジーク

エレンさえ仕留めればと力が入るポルコ。

そんなポルコにピークは「何をビビってるの?」と声をかけます。

 

パラディ島勢力は立体機動で乗り込んできたことから、武器と燃料に限界がある。

この戦場以外では、マーレ軍が収容区を包囲しているはずなので、パラディ島勢力は補給線のない敵地のど真ん中で袋のネズミ状態。

そもそもパラディ島勢力にはマーレを相手にまともに戦争できる体力はないとピークは言います。

 

ピークの言葉に、ポルコは「始祖の巨人」さえ押さえれば、切り札である「地鳴らし」を失うわけで、その切り札が目の前にあると気が焦っている様子。

ピークは、だからこそ慎重に駒を進める必要があると話し、自分隊はアッカーマンからジークを守ればいいとポルコに伝えます。

ピークのこの言葉にはジークも「その通り」と言います。

 

ジークは「エレン・イェーガーは俺の敵じゃない」と自信を見せます。

そしてリヴァイを挑発します。

ジーク

「まずはお前からだ、出てこいよリヴァイ」

「時間が無いんだろ?」

引用:進撃の巨人103話

 

リヴァイとジーク。

因縁の二人ですもんね。

 

パラディ島での戦いを思い出すと二人の戦いがどうなるのかワクワクしますね。

 

アルミン登場で超大型巨人に

助けを呼びに行ったファルコはマガト隊長に会います。

ファルコはマガト隊長に、ライナーが自分を助けたせいで地中で動けなくなっていることを伝えます。

さらにファルコはマガトから「誰にやられた」と聞かれ、エレン・イェーガーと答えます。

 

そこへガビが銃と手に到着します。

おそらく、ファルコがライナーのことをマガトに伝えていたところから聞いていたと思われます。

 

港では艦隊が着港を急ぎます。

着港次第急いで兵を送るつもりのようですが、海兵が一隻の漁船を見つけます。

その漁船には

 

進撃の巨人103話

 

アルミン!!

 

遂にアルミン登場です!

面影あります!!

 

アルミンはその場で超大型巨人になり艦隊を一掃します。

残念ながらアルミンの超大型巨人の姿は登場しませんが、おそらく超大型巨人は誰がなってもあの姿だと思います。

 

それにしても、あんなに海を見たがっていたアルミンが海で待機して海で大暴れ。

偶然とは思えないですw

 

ミカサ vs ポルコ

アルミンが超大型巨人になったことで、艦隊の軍艦が空中を舞ってますw

進撃の巨人103話

 

想定外の事態にポルコは巨人化したエレンに向かっていきます。

パラディ島勢力には他にも策があるのかもしれませんが、始祖を失えば全て破算になると考えるポルコ。

そんなポルコの前にはミカサが立ち塞がります。

ポルコ

「もう一人のアッカーマン!!」

引用:進撃の巨人103話

 

ミカサに襲いかかるポルコと、それを迎え撃つミカサ。

進撃の巨人103話

 

もう一人のアッカーマンっていう表現がなんかかっこいいw

スポンサーリンク

ジーク死亡!?

もう「時間」が迫っていると言うジャンは、それまでに車力の機関銃を無力化するよう皆に伝えます。

ピークはジークに敵の総攻撃が来ると報告するのですが

 

 

進撃の巨人103話

 

 

リヴァイかっけぇぇぇぇ!!!

 

 

前回といい今回といい、とにかく登場シーンがかっこよすぎ!!

 

ファルコ、ガビ、マガトの目の前で倒れる獣の巨人。

リヴァイはさらに獣の巨人の”うなじ”を爆弾で爆発します。

 

リヴァイが相変わらずの強さです!!

何が凄いって雷槍使わないんですよね。

必ずブレードw

 

ただ、あのブレードで戦う姿がかっこいいんですけどね^^

 

そしてジークは死亡!?

 

前回の登場、そして今回の立ち振る舞いを見ると自信に満ち溢れてましたが、ここで退場!?

 

まさかと思いますが、ジークとリヴァイが繋がっていたなんてことは・・・。

 

ジーク繋がってる説を若干信じてます。

若干ですけどねw

 

ピーク死亡!?

パラディ島勢力はピークを雷槍で攻撃しますが、パンツァー隊が反撃します。

一進一退の攻防ですが、その均衡を崩した人物がいます。

 

サシャ!!

 

パンツァー隊のこの隙間を狙撃するサシャ。

進撃の巨人103話

 

しかもピークは動き回ってますからね。

それなのに見事にパンツァー隊カルロの眉間を撃ち抜きます。

 

怒ったピークはサシャへ向かって突進しますが、ピークの前にはジャンが現れます。

ジャン

「あの時はどうも」

引用:進撃の巨人103話

 

ジャンの言う「あの時」とは3年前にライナーを連れ去られた時のことですね。

ジャンにとっては因縁の敵である車力の巨人ですが、ジャンは雷槍で車力の巨人の片目を爆破します。

そして動きが止まった車力の巨人を一斉攻撃するよう命令するジャン。

 

雷槍による一斉攻撃を受けパンツァー隊は全滅。

進撃の巨人103話

 

ピークは吐血しながら建物の屋上から地上へ逃げます。

ファルコ、ガビ、マガトのすぐそばに落下したピーク。

とどめを刺すためピークへ向かっていくジャン。

 

ファルコは倒れているピークに駆け寄り”うなじ”の上から叫びます。

ファルコ

「撃つな!!やめてくれ!!」

引用:進撃の巨人103話

 

ジャンは雷槍を撃てるのか!?といった感じで103話終了です。

 

これは、再びジャンが躊躇する展開でしょうか。

3年前に車力の巨人にライナーを連れ去られたのは、完全にジャンの失態でした。

ここでピークにとどめを刺せなかったとなると・・・さすがにまずいでしょ。

 

まとめ

103話、熱すぎです!!

パラディ島勢力の成長っぷりがやばいですよね。

 

特にサシャ!!

 

狙撃の腕も凄いのですが、あの精神力というか、なんか人間的な成長をすごく感じました。

3年前のサシャといえば「何故人は芋を食べるのか?」ですからね。

スタートが低かったというのもありますがw

 

そしてアルミンも登場しましたが、座っていたので身長が伸びているのかは判断できませんでした。

しかも台詞もなかったので、どんな感じに成長しているのかは全く未知数です。

はやくアルミンが合流するところを見たいです。

 

リヴァイが強くてかっこいいのは前からですが、103話のリヴァイも最高でした。

そしてミカサのことを「もう一人のアッカーマン」と呼ぶシーンが個人的には好きです。

アッカーマンって名前を聞くだけで興奮しますw

 

ジークは死んだのか?ピークは助かるのか?ポルコはどうなる?

アルミンは?ジャンは?エレンは?

 

気になることだらけの103話でした。

今後の展開が非常に楽しみです。

 

進撃の巨人104話のネタバレはこちらです。

>【進撃の巨人】104話ネタバレ!オニャンコポンて誰やねんw

スポンサーリンク

関連記事