【ボルト】青が生きていた!!って誰?強さは?




前作に続いて熱い展開を見せているBORUTO-ボルト-

ナルト疾風伝から見てる側からしたらナルトのお父さん姿とかサスケのツンデレっぷりは鼻血ものです。

そこでまたナルトファンを驚かせる展開、そう、青の生存が確認されたんです!!

 

誰やねん、そう思った方は意外と多いのではないでしょうか。

私も一瞬「うおおおお!」って興奮したけど

 

誰だっけ?

 

そこで今回は生存確認できた青とは誰なのか、そしてその青の強さなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

青とは?

tonyx619.es.tl

  • 年齢:46歳
  • 身長:182センチ
  • 体重:70キロ

 

現実世界に居たらモデル体型以外の何物でもない霧隠れの里の上忍です。

このキャラクターはナルト疾風伝の五影会談の際に、五代目水影・照美メイの護衛として初登場しました。

ものすごい愛国心のある上忍ですが照美メイの八つ当たりに凹む姿を見せたりと緩急のついたキャラでした。

しかし、ものすごく衝撃的な事実が発覚しました。

それは片目に日向一族の血継限界・白眼を所有していたことです。

 

白眼は所持者の死と同時に瞳力を失うため、元の所持者は誰なのか、どうやってあの日向一族から奪ったのか、などかなり議論になりましたね。

青の両耳にある札には特殊な結界忍術が仕込んであるので、白眼が奪われそうになったりすると自動的に防護されるようです。

かなりの場数を踏んできている忍者なのもあって、若い忍者の態度に対して説教くさいことをする一面もありました。

 

青の強さ

ナルト49巻

前述した通り青はかなりの場数を踏んだ上忍です。

というのも、霧隠れの里は昔「血霧の里」と呼ばれる時代がありました。

その時代はあまりにも多くの忍びに恐怖心を与えていたため、「血霧の里を嘗めるな」と脅し文句として使われてるほどらしいですね。

アカデミー生徒同士で殺し合いをさせるなどかなり残酷で、血生臭い時代です。

 

その時代を生き残るのはかなりの実力者でなければ難しく、桃地再不斬と同様青も血霧りの里と呼ばれた時代を生き残った猛者です。

また、白眼六道仙人と呼ばれた伝説の僧侶の母親・大筒木カグヤ、その子供大筒木ハムラも開眼している最古の血継限界です。

その能力は凄まじいもので、発動中はほぼ360゚の視界を得る上に、透視能力、望遠能力などが使用できます。

チャクラの通る道筋、その排出口の点穴を見通すこともできて、サーチ能力だけなら写輪眼を上回るトップクラスの性能です。

 

それを所有していたこともあって、五影会談でのミフネというキャラの発言に違和感を覚えた青は白眼で志村ダンゾウの写輪眼の幻術にかけられていることを見抜きます。

それほど知性もあり、バチバチの殴り合い戦闘以外の知能戦も長けていますね。

そのため、白眼を使用できることも考えると桃地再不斬クラスとは同格、もしくは上でしょうね。

スポンサーリンク

大戦での青

ナルト55巻

対戦とは第四次忍界大戦のことです。

五影会談に突如現れたうちはマダラを装ったオビトの月の眼計画の話と、そのためにうずまきナルトを狙うという話から勃発したもので、五つの忍び大国の集結した忍連合軍VSマダラ、オビト、カブト陣営の大戦です。

 

禁術・穢土転生や、白ゼツの相手に化けれる能力から混乱を避けるためかなり感知能力は重宝されました。

そのため経験などもプラスである青は忍連合の感知部隊の隊長に任命され、活躍を見せていました。

誰かに化けたりできるってどの漫画においても結構厄介な能力だ・・・。

 

しかし、尾獣・十尾の尾獣玉が本部に直撃したためその場にいた奈良シカク含めた全員が死亡したと思われており、それ以降青の登場はありませんでしたね。

 

漫画ボルトで登場

ボルト17話

そういう経緯もあって、死んだと思われていて特に話題にもならずにいた青さん。

漫画ボルトで左足と左腕を失い、義手と義足をつけ時間の経過を物語る容姿で再登場して話題になってますね。

死んだと思わせといて、実は生きてるシステムを利用し再度登場するだけあってキーとなるキャラクターなのは間違いないでしょう。

 

これからどういう関りを見せていくのか。第四次忍界対戦を知るキャラの一人でもあるので今後の展開は熱くなるばかりです。

個人的には自来也も実は生きていた!という展開もすごくうれしいんですけどそれはなさそうですね。

 

まとめ

  • 青は霧隠れの里の上忍で、ものすごく里思いのある意味忍び臭さを残した数少ないキャラクターで片目には白眼を所持!
  • 血霧りの里と呼ばれた時代を生き抜いた実力もあり、白眼の所持を考えると実力は桃地再不斬と同格クラス!
  • 第四次忍界対戦では感知部隊の隊長として活躍していたが十尾の攻撃により死亡したと思われていた!
  • しかし漫画、ボルトで原型を少しだけ残した姿で登場し生存が確認できた
スポンサーリンク

関連記事